ココヤシ > 実の状態・部位
18 Entries
ツバル語
日本語/English
解説・例文
pelupelu
熟した茶色いココナツの外果皮・中果皮
n. part of a coconut husk
主に燃料として使うために乾燥させたものをいう。湿ったものはpulu/gapulu。
pulu / gapulu
茶色いココナツの外果皮(pelupelu)のなかのまだ湿っている繊維
n. brown coconut fibre that are still wet
乾燥させたものはpelupelu
agati / gāti / kanofi
飲用ココナツの中の柔らかくゼリー状の胚乳
n. Soft meat inside the drinking coconut
蒟蒻やゼリーのような歯ごたえで、ほんのり甘い。そのまま食べたり、料理に利用したりする。ニウタオ島ではkanofi、北部ではgātiともいう。
feituniu
半分に割ったココナツの胚乳付きの内果皮
n. coconut shell cut in half
ipiipi
発芽したココナツ(utanu)の果肉
n. coconut flesh of the germinating coconut
食べたり、肌や髪に塗ったりする。
katilo
発芽したココナツ(utanu)のスポンジ状に固形化した胚乳液
n. the spongy flesh of a germinating coconut
niufaikafa
落下しているが発芽していない茶色いココナツ
n. fallen brown coconut
niuvalu
削り下ろしたココナツ
n. grated coconut
sagāniu / pahiniu / pisiniu
熟したココナツの硬くなった胚乳 をナイフなどで切った(sali)もの
n. coconut meat (of the ripe nut)
フナフチではsagāniu、ナヌメア島ではpahiniu、ニウタオ島ではpisiniu。
niu sali
sagāniuのひとかけら
n. one piece of sagāniu
CC-BY-NC ツバル言語文化辞典
keyboard_arrow_up